ビート:
ホーム » ニュース » Pikolo SystemsとMediaproxyが高度なインシデント管理を提供するために提携

Pikolo SystemsとMediaproxyが高度なインシデント管理を提供するために提携


AlertMe

メディアプロキシ、ソフトウェアベースのIP放送ソリューションの大手プロバイダーは、との新しいパートナーシップを発表しました ピコロシステムズ、テキサス州アディソンに拠点を置く高度なワークフロー自動化ソリューションプロバイダ。 業界をリードする食い違い報告ワークフローであるPikoloのITrackerは、放送事業者が複雑な業務を簡単に管理できるようにします。 このコラボレーションは、企業規模のコンテンツ管理の信頼性レベルの監視を強化します。

Mediaproxyは、世界中の放送局向けコンプライアンス記録システムを開発しています。 同社の最先端技術であるLogServerは、IP経由ですべてのブロードキャストソースへのアクセスを統合することにより、複数のチャネルのリアルタイムコンプライアンス監視、レポート作成、インシデント管理を提供します。 ログに記録され、プロキシ形式で保存されると、直感的なHTML5ベースのMediaproxy LogPlayerを使用して、コンテンツをリコンシリエーション用に取得できます。

LogServerとPikolo Systemsの主力ITrackerとの統合により、放送事業者は説明責任を維持し、業務のリアルタイム評価を実行することができます。 統合により、Incident TrackerのイベントとアラートがLogServerに直接接続されます。 Incident Trackerのユーザーは、LogServerシステム上の記録されたアーカイブに直接アクセスできるようになります。

Pikolo Systemsの社長であるVernon Omegahは、次のように述べています。 「Incident Trackerは、事業の複雑さにもかかわらず、放送事業者に効果的にコミュニケーションをとり、効果的に関わるための手段を提供します。 地元のテレビからネットワークやインターネットの運営まで、 衛星 MediaProxyと合わせて、オリジネーション業務、放送事業者の資産の取得、管理、配信、分析を支援します。 ソフトウェア定義のワークフローが古くて限られた技術に取って代わるようになるにつれて、私たちはクライアントを高機能でシームレスなソリューションで強化するためにMediaproxyのようなマーケットリーダーとの技術提携を模索しています。」

MediaproxyのCEOであるErik Ottoは、次のように述べています。「LogServerとPikolo Systemsの統合は、最高レベルの伝送サービスとユーザーエクスペリエンスを維持するために、これまでにない多様性を提供します。 最高レベルの消費者経験と多様な流通プラットフォームや地域の規制の遵守を維持するためには、顧客が容易に監視して迅速に対応できることが不可欠です。 ピコロシステムズとそのミッションクリティカルな管理ツールと提携することで、OTTおよび放送事業者と世界中の加入者のニーズの進化に一歩先んじることができます。」


AlertMe

ページメリアPR

40の長年にわたる広報活動の経験をまとめたページメリアPRは、単なるPR代理店ではありません。

ここでは、献身的で有益で情熱的なチームが、顧客の声を確実に聞くためにさまざまなことを見ています。 私たちはあなたのメッセージがどのように共有されるかを革新しています。

実践的なコンテンツマーケティングとPR戦略を通じて、私たちは空の「PR発言」を避けて、思考リーダーシップの記事、ケーススタディ、ブログ記事を刺激することに焦点を当てて、問題の中心に真剣に辿り着きます。

リーダー、インフルエンサー、意思決定者と協力して業界に影響を与え、業界を変革させるだけでなく、ジャーナリスト、編集者、出版社とも密接に関わっています。
G|translate Your license is inactive or expired, please subscribe again!