ホーム » ニュース » Lectrosonics、RFアンプ内蔵の高性能UHF LPDAアンテナALP690を発売

Lectrosonics、RFアンプ内蔵の高性能UHF LPDAアンテナALP690を発売


AlertMe

リオランチョ、ニューメキシコ州 (1月の8、2019) - レクトロソニクス のリリースを発表させていただきます。 ALP690、内蔵およびRFアンプを備えた高性能UHF LPDA(対数周期ダイポールアレイ)アンテナ。場所およびスタジオでのワイヤレスマイク受信機または基地局送信機で使用します。 新しいアンテナ設計は動作範囲を拡大するために指向性パターンで+ 4 dBdのパッシブゲインを提供し、RFアンプは長い間信号損失を克服するためにゲインを供給するために使用することができます。 同軸ケーブル ケーブルが走ります。

ALP690アンテナにはDCバイアスが供給されています。 同軸ケーブル 50オームBNCジャックに接続されたケーブル。 この力はによって供給することができます 会場 シリーズレシーバ、アクティブマルチカプラ、またはインラインBIAS-T。 バイアスが印加されていない場合、ALP690はリレーを介してパッシブアンテナとして機能するように自動的に切り替わるため、IFBまたはIEM送信アプリケーションだけでなく受信機にも使用できます。

RFアンプのゲイン、フィルタ帯域幅、ディスプレイの明るさは、メンブレンスイッチのキーパッドとコントロールパネルのLEDディスプレイで調整します。 RFゲインは、-1 dBから+ 6 dBの範囲で12 dBステップで調整できます。 同軸ケーブル ケーブルが使用中です。 アクティブアンテナとして使用する場合、フィルタ帯域幅は下端の470 MHzから上端の608または700 MHzのいずれかに調整可能で、さまざまな市場や場所でのユーザーのニーズに応えます。 垂直方向は広い水平カバレッジパターンを提供します。

このアンテナは、耐久性のある仕上げを施した、厚さが.133インチまたは3.4 mmのガラスエポキシ高圧熱硬化性プラスチックラミネート材の上に銅のトレースで形成されています。 骨格構造により、屋外での使用時の風荷重が軽減されます。

ALP690の仕様には、+ 7 dBi(等方性)、+ X NUMX dBd(オーバーダイポール)パッシブゲインが含まれます。 RF通過帯域(パッシブ)は4-450 MHzをカバーし、アクティブフィルタ通過帯域は850 - 470 MHzまたは700 - 470 MHzを選択可能にカバーします。 RFアンプのゲイン範囲は、608 dBステップで-6〜+ 12 dBです。 3次切片は、入力で+ 1 dBm、出力で+ 27 dBmです。 ALP41の重量は690オンスです。 または13グラム 所要電力:センターピンのDCバイアス 同軸ケーブル ケーブル; 8Vから16V DCまで。 1.5 W最大。 極性保護されています。

ALP690は現在MSRP $ 925.00で入手可能です。

Lectrosonicsについて
1971、Lectrosonicsのワイヤレスマイクシステムとオーディオ処理製品は、品質、顧客サービス、革新に対する当社の献身に精通したオーディオエンジニアによってミッションクリティカルなアプリケーションで毎日使用されているため、映画、放送、 LectrosonicsはニューメキシコのRio Ranchoを拠点とする米国のメーカーです。 オンラインで企業にアクセスする www.lectrosonics.com.


AlertMe
G|translate Your license is inactive or expired, please subscribe again!