ホーム » ニュース » 日立カメラがアイオワ州立大学の共同技術サービス部門の品質、信頼性および設定を容易にする
写真クレジット:Paul Jewell

日立カメラがアイオワ州立大学の共同技術サービス部門の品質、信頼性および設定を容易にする


AlertMe

Z-HD5500は優れた結果を提供し、同時に視聴覚サービスグル​​ープがますます注目を集めるビデオ制作プロジェクトに自信を持って取り組むのを助けます

ニューヨーク州ウッドベリー、1月11、2019 - アイオワ州立大学のCollaborative Technology Services(CTS)部門は、施設、大学、研究センター、および施設の1900エーカー全体の管理部門に、現場でのビデオ制作、録画、会議およびストリーミングサービスを提供します。キャンパス。 グループのプロジェクトが自社製機器の能力を上回るようになり始めたとき、Z-HD5500スタジオおよびフィールドプロダクションカメラを 日立国際電気アメリカ株式会社 (日立国際)セットアップのしやすさ、安定したパフォーマンス、そして必要な視覚的品質を実現します。

写真クレジット:Paul Jewell

アイオワ州立大学は、科学と技術、発見と革新、そしておよそ36,000の大学院生と学部生の成功に捧げられた文化で世界的に知られています。 6年前に有料のCTSユニットが結成され、人々をつなぐ技術と環境を通じて顧客の視聴覚ニーズをサポートするという使命がありました。

アイオワ州立大学の共同技術サービスマネージャであるRoger Suski氏は、次のように説明しています。 「これは、異なる製品をまとめて組み合わせることを意味していました。 私達はしばらくの間その装置で私達の約束を果たすことができたが、私達は私達がラッキーだったことに気づいた。 私たちが引き受けたイベントのプロフィールには、招集、大統領府、特別なイベントなどが含まれるようになり、私たちの機器はタスクに追いついていなかったので、キープロダクションが失敗する危険性はありませんでした。」

CTSチームが各プロジェクトの会場間で機器を移動させる場合、カメラの技術仕様と同様に、セットアップの容易さと信頼性が重要な検討事項でした。 「私たちの作品を標準化された方法でセットアップできるように、あるメーカーのターンキーカメラシステムを望んでいました」とSuski氏は言います。 「ネイティブの1080pイメージセンサーを持つことも私にとって重要でした。 一部のカメラには、720pセンサー用に1080p出力用にアップコンバートしたものしかありません。 他の人は4pを実行するためにだけ認可されることができる1080Kセンサーを持っていました、しかしあなたはあなたが使うつもりでない何かのためにより多くを払っています、それは大学予算の慎重な使用ではありません。 日立国際のZ-HD5500カメラは、私たちが探していたネイティブの1080pサポートを持っていて、私たちのニーズに合った価格になっていたので、入札プロセスにそれらを含めることについての予約はありませんでした。」

Z-HD5500の並外れた感度は、CTSチームがしばしば直面する照明の課題にも理想的であることが証明されました。 「多くの場所で、照明は人々が考える最後のものになる可能性があります。また、要件は動的に変化する可能性があります」とSuski氏は述べています。 「たとえば、あるプロジェクトでは、発表者が明るい表彰台にとどまることを期待していましたが、彼は私たちがただ基本的な家の照明を持っていた観客に出かけました。 日立のカメラを使用すると、わずかなゲイン調整でプレゼンターをフォローしながら、質の高い画像を作成できました。 被写体が明るくなってから暗くなったり戻ったりしても、カメラがそれを処理できることはわかっています。」

写真クレジット:Paul Jewell

新しいカメラのセットアップとファイバー接続の容易さにより、Suskiが求めていたセットアップ時間の短縮と敏捷性の向上も可能になりました。 「構成やセットアップの問題を見越して長い時間をかけてブロックする必要がありましたが、今では非常に短時間で基本レベルの操作がセットアップされると確信できます」と彼は言います。 「電源、インターホン、タリーをすべて1本のファイバーケーブルに接続し、カメラを介して接続できることは非常に便利で時間を節約できます。同時にセットアップの変更にすばやく対応できます。 たとえば、別の信号をカメラに送信する必要がある場合は、別のケーブルを配線する必要はありません。 私はただそれをベースステーションに差し込むだけで、それはファイバーを介して出ます。」

Z-HD5500の画質と画像制御機能をCTSの以前のカメラと比較すると、Suski氏は明らかに改善されています。 「我々が以前持っていたユニットは基本的な調整を備えたまともな産業用カメラでした」と彼は言いました。 「日立の新しいカメラでは、すごく、イメージは「ポップ」です。 演色性はずっと良くなっています、そして私はどうやって絵を見せることができるかについてもっと多くのコントロールを持っています。 シャープネスと色の濃さの違いは日として明白です。」

最終的には、Z-HD5500によってCTS部門は大学へのサービス向上という目標を達成することができました。 「日立のカメラは素晴らしく、そして私たちが私たちの玄関口に入ってきたどんなプロジェクトでもすることを可能にしました」と、Suskiは締めくくりました。 「私はテクノロジーが疑いなく機能することを知っているので、私はあらゆる要求に「はい」と言うことができます。」

日立国際電気について

日立国際電気は、東京に本社を置き、放送システム、セキュリティおよび監視システム、無線通信および情報システムを製造する企業です。 財務2017(3月末31、2018)の売上高は171,791万円となりました。 日立国際電気の詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。 www.hitachi-kokusai.co.jp/global/en/index.html.


AlertMe
G|translate Your license is inactive or expired, please subscribe again!